ローソク足って何?fxの基礎知識を知ってみる

ローソク足って何?

投資関係(fx、株、仮想通貨)などに携わっていると、売買、決済、損切りと、必ず目にしなくてはいけないものがチャートといわれる折れ線グラフです。

目にした方もいらっしゃるかとおもいまジグザグと価格の推移を過去から現在にかけ、グラフとして表しています。

このグラフを拡大しますと、一本、一本が赤だったり、青だったり、黒だったり白だったり、長かったり、短かったり、ヒゲの様なものがでていたり、様々な形をしています。

一体何を表しているんだと、疑問に思いますよね

この記事ではもう少し詳しく『ローソク足』というモノをご説明していきたいと思います。

 

ローソク足の成り立ち

まずはコチラを読んでみてください。

ローソク足チャート(ローソクあしチャート)は、株価などの相場の値動きを時系列に沿って図表として表す手法の一つ。ローソクチャートともいう。
単位期間を定め、単位期間中に初めに付いた値段を始値、最後に付いた値段を終値、最も高い値段を高値、最も安い値段を安値とし、この四種の値段(四本値)をローソクと呼ばれる一本の棒状の図形に作図し、時系列に沿って並べて株価の変動をグラフとして表したものである。

ローソクには、始値よりも終値が高い陽線(ようせん)と、始値よりも終値が安い陰線(いんせん)の2種類がある。古くは陽線が赤、陰線が黒で書き表されていた事、値段が上ると明るい印象があり、下がると暗い印象がある事、相場の動きを陰陽道に絡めて考えた事などから陽線・陰線の名が付いている。相場に関する印刷物が刊行されるようになった際、コストの高いカラー印刷を嫌って陽線を白抜きの四角形、陰線を黒く塗り潰した四角形で表示する様に変化し、現在の紙媒体ではおおむね黒と白で表示する。
~wiki参照~

陰陽道などにも通じていて、東洋チックな感じがしますね

実はこのローソク足の開発者はなんと日本人でしかも江戸時代に米相場で使われていました。

この開発者である本間 宗久氏、ローソク足を使ったチャートパターンなども開発していましてその名を酒田五法といいます。

今では世界中のヘッジファンドや個人投資家の間でもローソク足チャートを中心軸において広く取引されています。

これを知っただけでもなんだか同じ日本人として誇らしく思いますね。

そんな江戸時代から使われているローソク足もう少し理解を深めてみましょう

ローソク足の特徴

【特徴その1】初値、終値、最高値、最安値を簡単に視認できる

ローソク足は、上記の4点を簡単に視認できるように作られており、時間軸が様々あり、日足や4時間足、一時間足などあります。例えば日足なら24時間で1本のローソク足が形成されるという事になります。

まず、新たにローソク足が形成され始めたポイントが初値です。

ローソク足が形成され、次のローソク足に切り替わったところが終値といった具合に、チャートを見ていると簡単に目でわかるように作られています。

そのローソク足一本の中の最高値、最安値はそのローソク足の実体からでている通称”ヒゲ”という部分で表されます。

ローソク足1本を見るだけで簡単にこの4点が目でわかります。

例えば1時間足なら一時間でローソク足が1本つくられます。

その1時間というスパンの中での最高値、最安値、初値、終値が全て一本のローソク足を見ればわかるという事です。

【特徴その2】陰線、陽線から売買注文のバランスを簡単に視認できる

ローソク足は初値より終値が高ければ陽線として表され、始値より終値が安ければ陰線として表されます。

この陰線、陽線の色分けにより、ローソク足1本で時間毎の売買注文のバランスが目でパッと見てわかります。

陰線であれば売りが多かった、陽線であれば買い注文が多かったなど色で分かります。

このようにローソク足はそれだけで初値、終値、最高値、最安値、売買のバランスといった沢山の情報が詰まっているのです。

ローソク足のまとめ

今回はローソク足をできるだけ簡単に紹介しました。

このローソク足が何本も連なっているチャートが普段我々が目にしているチャートになり、右肩上がりに推移したり、ジグザグに動いたり、様々なパターンを形成します。

またこのチャートを読み解き、このチャートにラインを引いていくスキルというものがありますが、それはまた次回にしたいと思います。

まずはチャートをカタチ作っているローソク足がどんな意味や特徴をもっているのか、それがご理解できればと思います。

ローソク足が広く使われている、その最たる理由はあらゆる情報を目でパッと見て簡単にわかるように作られているというポイントです。

この点がローソク足の最大の特徴だと思います。

ほかにも様々なテクニカル指標と呼ばれているものが相場にはあり、ボリンジャーバンドやMAなどのテクニカル指標は、pcだからこそ、現代だからこそチャートに表すのが可能な情報です。

自動で計算しながらリアルタイムに曲線を描いていくんですから江戸時代に到底できる代物ではありません。

そんな今と比べ物にならないくらい不便な時代になんとか簡単に図で表せて、色んな情報をいち早く、合理的に、目でパッと見てわかるように工夫しながら生み出されたこのローソク足

時代を経て21世紀になっても変わらず相場の、しかも世界のスタンダードになっている。

生みの親、本間氏に感謝しながらも、改めてローソク足って奥が深いなと感じますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今すぐ無料でプレゼントを受け取る!

リスク0で資金を作り、FXのノウハウを最速で手に入れる。

無料でプレゼントを受け取る
WordPressテーマ「BIRTH(TCD057)」
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧