”Foreign eXchangeを最適化”

  • HOME
  • ”Foreign eXchangeを最適化”

外国為替

外国為替は、ドルと円など、異なる通貨間で行われる取引の事です。

例えば日本にあるA社がアメリカに自動車を輸出したとします。

当然、アメリカに自動車を受け取とる会社Bがあり、代金はドルで支払われます。

ただ、受け取ったドルを日本で使ったり従業員の賃金などはにする為には、日本円で払わなければいけません。

受け取った米ドルを売って、日本円を買わなければいけないのです。

為替は変動する

売買をする取引の際には、通貨交換の変動が影響します。
よくテレビ、ネットなどでみかけます、為替相場での

「現在ドル円は100〜101円の間を軟調に推移。」などのニュースですね。

通貨の価値は一分一秒毎に変動しています。
「1ドル=110円」の時もあれば

「1ドル=100円」の時もあります。

では、ドルを円と交換する場合、100円より110円で交換できたほうが得です。

売りたい人、買いたい人のバランスを考える

この通貨間の差額を考え、たとえば今現在ドル円が105円だったとします。

貴方は1ドル=110円で売りたい。

今現在105円なら、今すぐ売るより、少し待って、110円になってからドルを売る方が得です。

このタイミングを計り、チャートを見ながら売買する行為を外国為替取引といい世間では、FXと呼ばれています。

そしてこの売買を本来はチャートを見ながら分析し、

「これから下がるだろう」

「これから上がるだろう」

と判断し、為替相場に参加している人達は裁量で売買をしますが、この部分をEAソフトウェアを使い自動化するというのが、システムトレードになり、最適化になります。

TRY IT